小児歯科

小児歯科

当院の小児歯科・小児予防

大切な子供の虫歯予防

子供は歯磨きが十分にできなかったり、甘いお菓子が大好物のため、プラーク(歯垢)がたまりやすく、大人よりも虫歯になりやすいです。 子供の虫歯の特徴は、歯がまだやわらかいため、神経に移行しやすく、進行が早いことです。 お子様が歯の痛みを訴えた時には、すでにかなり虫歯が進行しているケースも多いため、虫歯になる前に、日頃から予防の意識をもつことが大切です。 もちろん、すでに虫歯になってしまっている場合は、一刻も早く歯医者に行くようにしてください。

大切な子供の虫歯予防

お子様の永久歯を残すために

虫歯・歯周病を予防したり、小児矯正によって歯列を整えることは、お子様が将来、歯についての悩みを持たずに過ごすためにはとても重要です。とはいっても、お子様にとっては歯医者は一般的に"喜んで行きたい場所"ではないと思います。
まきの歯科クリニックは、 歯医者=行きたくない場所とならないような工夫をしております。例えば、歯医者独特の匂いがしないよう歯科用空気清浄機を導入したり、お子様用にガチャポンを置くことで、通院することが苦にならないのはもちろん、少しでも楽しみを見つけられるような歯医者を目指しています。



フッ素塗布で虫歯に強い歯に

虫歯の原因となる菌は「ミュータンス菌」と呼ばれます。ミュータンス菌が歯垢(プラーク)となって歯に付着して、口腔内にある糖分から酸を作り出します。この酸が歯を溶かし虫歯になるのです。フッ素塗布の役割は、フッ素を歯に塗布することにより、酸に強い歯をつくり、虫歯を防ぎます。まきの歯科クリニックでは、乳歯へのフッ素塗布を無料で行わせていただいております。3ヶ月に1回程度、フッ素塗布を受けられると、虫歯予防には最適です。

フッ素塗布で虫歯に強い歯に

シーラント

奥歯は歯磨きの歯ブラシが届きにくく、虫歯になりやすい歯です。そこで、子供の奥歯が虫歯になることを予防するため、歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。これをシーラントといいます。奥歯の溝に食べかすがたまるのを防ぎ、虫歯を予防します。
シーラントの流れは、まずシーラントが歯に接着しやすくする薬剤を塗布し、そのあとシーラントを歯の溝に流し込んでいきます。最後に数十秒専用の光を当てて固めていきます。とても手軽に行うことができるので、お子様の虫歯を防ぐにはオススメの治療法です。ただ、永久的にくっつくものではなく自然脱落していきますので、定期的な検診でチェックしていきましょう。

シーラント

定期健診

Dental One おおたかのもりでは、虫歯予防のために、下記のようなお子様向けの予防治療を行っています。



虫歯になってお子様が痛い思いをしないためにも、3ヶ月~少なくとも半年に1回程度は、かかりつけの歯医者で歯の定期健診を受けられることをおすすめいたします。